« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005/05/30

I'm in NY!! <前半>

なんとNYからブログ更新!
ママにネット環境を借りて更新した。ママに感謝。
今回のNY旅行について。

一日目
疲れた。。。とにかく疲れた。
13時間のフライトはやはりつらい。
東京とNYの時差が13時間なので,成田を26日の午後4時に
出ると,NYには26日の午後4時に着く。瞬間移動?!
とにかく不安で,空港からマンハッタンへと向かう電車の中でも
終始どきどきしていた。
ホテルに着いて窓から見える景色に感動!
こんな夜景が見えるんだから,ビル好きにはたまらない。
IMG_4483

二日目
天気は悪いと聞いていたが,快晴。特に午前中は雲ひとつなかった。
とりあえずホテルの近所のエンパイアステートビルの写真を撮り,
地下鉄でロウアー・マンハッタンに向かった。
地下鉄でもやはりどきどき。特に終点付近で車内にほとんど人がいなく
なったのでかなり怖かった。
アメリカといえば,ということで自由の女神を見た。
その後はウォールストリート周辺などロウアー・マンハッタンを中心に
ぶらぶらしていた。
もう不安はほとんどなくなって気楽に歩き回っている。
タイムズスクエアの近くの吉野家で,日本では食べられなく
なってしまった牛丼を食べた。
懐かしい味だ。日本のものとほとんど同じ味。
眠い。今日も早く寝よう。。。
IMG_4568

三日目
もうすっかりNYに慣れてきた。
信号無視もかなり上達した。
ニューヨーカーたちはちっとも信号を守らない。
車はかなり厳密に信号を守り,無理につっこんでくることはあまりないが,
歩行者は信号が変わる前から横断歩道を渡り始める。
慣れてくると,この見切り発車のタイミングがつかめてくる。
うまく信号無視できるようになれば立派なニューヨーカー?!
明日はママに会いにイサカまでバスで五時間の旅。
さっき買ってきたアイスを食って今日もさっさと寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/26

出発前夜

NY旅行,出発まで残り15時間ほど。
そわそわして落ち着かないので今日あったことでも思い出して
気を紛らわせよう。

研究室の屋上で起こったこと。
こうでぃん氏は最近屋上で研究用のメダカを飼っているらしい。
そのメダカの世話をするため,屋上に出て,戻ろうとすると
なんと内側からドアに鍵がかかっていて閉め出されたらしい。
おそらく見回りの警備員がこうでぃん氏がいるのを知らずに
閉めてしまったのだろう。
途方にくれながら,どうすべきか試行錯誤したらしい。
そうして一時間が過ぎたらしい。よく耐えたもんだ。
一時間後,たまたまドアの前を通った人に助けてもらったらしい。
一時間でよかった。一週間だと大変だ。
屋上から異臭がするとの通報により警察が調べると干からびた
こうでぃん氏が。。。なんてのはやめてほしい。
これからは,もし「あれ,そういえば最近こうでぃん氏を見かけないな」
と思ったらすぐに屋上を調べることにしよう。
しかし,思うに今回の件は天罰である。
ママがいなくなったのをいいことに事実上マリオ研の支配権をにぎった
こうでぃん氏は調子に乗っている。なんとママが愛用していた座布団を
自分のものにしてしまっている。
「ママ~!こいつ,ママの座布団,勝手に使ってますよ~!」

夜,数人で食事に行った。
魚のうまい定食屋。
ここの定食についてくる漬物はとてもうまい。
漬物好きの僕にはたまらない。
しかし,事件が起こった。しろっぺがおもむろに漬物にしょうゆをかけている。
ありえない。せっかくの漬物が台無しだ。いや,そもそも漬物にしょうゆ?!
もちろんつっこんだが,本人はなぜつっこまれたのか理解できない様子。
衝撃だった。

なんだか落ち着いてきた。
そろそろ寝よう。
明日の今頃は飛行機の中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/05/25

I'll be in NY!!

明日,出発。
成田エクスプレスの切符を買ってきた。
実は成田に行くのは初めて。
そういえば最近すっかり忘れかけているが,はなちん
今,成田で働いてるんだよなあ。会えるかしら。
まあ無理だろう。別に乗務員をやってるわけではないから。

しかし準備が進まない。
と言ってもたいして持って行くものはないのだが。
とにかくめんどくさい。
国内ならバックパックひとつででかけられるが,海外だと何かと
不安になるのであれこれ詰め込んでると意外と荷物が多い。
小さめのスーツケースいっぱいくらいになる。
それでもまあ比較的少ないほうか。
一般に女性の荷物の量は半端じゃないもんな。

天気予報によるとこの先一週間のNYの天気はあまりよくなさそう。
前にも言ったが,ビルの写真を撮るには,背景は絶対に青空がいい。
残念だ。旅行で写真を撮るのは,こういうことがあるから大変だ。
都内ならコンディションのいい日を狙って出かけられるが。

旅行から帰ると,六月は何もイベントがない。
後輩のホッケーバカが騒ぎたがっていたので,お土産を買ってきて
飲み会でもやるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/24

大転倒

昨日は夕方から土砂降りのにわか雨だった。
朝は晴れていたが,動物的な勘により,洗濯物を部屋干しに
したのは正解だった。

そんな雨の中,ひさびさに後輩のホッケーバカから電話がかかってきて
晩飯に誘われた。
外の様子がわからなかったので「まだ雨ふってる?」と聞くと
「もう小降りですよ」とのこと。
念のためかさをもって外に出た。だまされた。
普通に降ってるじゃねえか。

消息筋から,最近ホッケーバカが自転車で転んで大怪我をしたとの情報を
入手していた。
だから,たぶん全身包帯を巻いて,松葉杖で現れるだろうと思っていた。
が,案外普通だった。しかも懲りずに自転車に乗っていた。
次はもっとアクロバティックな転倒を期待している。3D技に挑戦してもらいたい。
本人もこの記事を読んでいるだろう。これ,前フリだから。

例のカツカレー屋
呼び出したくせにおごってくれる様子なし。

この日のホッケーバカは妙にじょう舌。
すごく話をしたそうにしていた。
今の研究室ではあまりバカな話ができないのだろうか。
セミナーの準備で早く帰りたいので時計をちらちら見ている僕を
尻目に次々と繰り出される話題。
絶対に僕が早く帰りたいと思っていることに気づいてたはずだ。
それでも話をやめない。確信犯的犯行である。
何とか「そろそろ出ようか」と切りだしたものの,店の外でも
立ち話をする始末。
なんか悩みでもあるのだろうか。
進路の悩みか。恋の悩みか。
聞く側としては,後者のほうがありがたい。
何しろ他人の色恋沙汰を聞くのは大好きである。
いや,まじめな話,何かあればいつでも相談しなさい。
昨日はちょっと忙しかったけど。
ずばり,言うわよ。まずは改名しなさい。
そういうわけで,今,ホッケーバカの新しい名前を考えている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/05/21

昆虫は宇宙からやってきた?!
そんな説があるらしい。
現在までに見つかっている化石から考えるとどうやら
昆虫は,ある時期に突然現れたらしい。
鳥は恐竜から進化したと言われているが,昆虫のご先祖様は
何なのかよくわからないという話を聞いたことがある。
隕石か何かに付着していた地球外生命から進化した,という仮説だ。
確かに昆虫って宇宙人っぽいよな。
エイリアンだってあきらかに昆虫をイメージしてるし。

そもそも地球上の生命は全て宇宙からやってきたという説もある。
つまり最初の生命は地球で生まれたのではなく,どこかから隕石に
くっついてやてきて,そこからいろいろな生物へと進化したという説。
ただ,こういう話はちょっと間違えるとかなり怪しい方向へ突き進む。
ちょっと前にこの仮説を紹介するテレビ番組を見たのだが,
その番組は途中から暴走を始めて,最終的には,宇宙のどこかに
神のような存在がいて地球に生命を送り込み進化させているという
かなりうさんくさい仮説を持ち出してきた。
最初は科学的知見に基づいた説得力のある話だったが,
いつの間にやら空想話にすりかえられていた。
まったくテレビは恐ろしい。こういうことをすると,何も知らない人は
空想話までをも事実として信じてしまうかもしれない。
そもそも「仮説」を「事実」であるかのように紹介することがよくある。
だいたい人間は猿から進化したというが,別にその瞬間を誰かが
見たわけではない。
あくまで化石などの状況証拠からの推論にすぎない。
本当は神様が人間を作ったのかもしれない。
こんな話を事実として受け止める人はほとんどいないだろう。
ただ,オチが思い浮かばないのは明白な事実である。すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/20

この季節になると鬱陶しいのが,そこら中にいる小さな虫。
外を歩いているとまとわりついてくる,あの小さなハエみたいなやつらだ。
何気なく歩いているときに,ふと上を見上げるとおびただしい数の
やつらの塊が飛んでいることがある。
うっかりやつらの塊につっこむとやっかいだ。
ひどいときには目の中につっこんでくる。
口を開けようもんなら問答無用で口の中に入り込んでくる。
慎重に呼吸しないと鼻から吸い込んでしまう。
自転車ユーザーの僕としては迷惑極まりない存在だ。
朝,30分間自転車をこいで研究室に着くと,服の前身にびっしりと
やつらがくっつている。朝から気分が悪い。
しかも慎重に振り払わなければ,つぶれてシミになってしまう。
踏切や信号で待ってるところにやつらがいるとかなり不幸だ。
そうでなくても待たされていらいらしているところにいらいら倍増である。
たぶん服にくっついてくるのだろうが,部屋の中でも飛んでたりして
やはりいらいらする。
だいたいやつらは何を考えてあんなに塊になって飛んでるんだ?!
まあ刺したりしないだけまだマシだがどうにかならないものか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/19

カレー大好き

先週末は精神的にかなり病んでいたので食欲も落ちていた。
と言っても三食普通に食っていたが。
今週になってからかなり気分がさえている。
やっと棺桶から抜け出した感じ。
まあ忙しいことに変わりはないけど。

火曜日,珍しくアルパカ氏から昼食の提案があった。
例の超大盛りカレー屋のカレーが食いたかったらしい。
人数が多かったので持ち帰り弁当にすることにした。
持ち帰りにすると店で食べるより若干少ないのだが,それでも
かなりの量がある。こんな感じ。
NEC_0164
まず,具が多すぎる。半分くらい食べないとカレーがかけられない。
ちなみに右に写っているのがカレーである。
前半はこのカレーに具をつけて食べる。カレーフォンデュ?!
ここの唐揚はうまい。これで定食を出してもやっていけるくらい。
ただし,火曜はまだ病み上がりで本調子じゃなかったのでかなり胃がもたれた。

昨日の夜はまた懲りずにカレーを食った。
我々がよく行く店では珍しく,常識的な量が出てくる店だ。
ちょっと物足りない気がするが。
しかも大盛りを頼んだのに普通盛りが出てきて腹が立った。
こんな記事を書いてると腹が減ってきたな。まだ10時半。
昼飯が待ち遠しい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/18

一難去ってまた一難

イサカのホテルがどこも満室な理由がわかった。
どうやらちょうど来週末に大きなイベントがあるようだ。
ママの情報によるとコーネル大学の卒業パーティーなのだとか。
せめてもう一週間ずらしてくれればいいのに。。。
まあ何とかホテルは予約できた。
旅行会社は当てにならないので結局自分でオンライン予約。
安いかわりにカードで前払い,キャンセル不可。
安いと言ってもNYシティーとほとんど変わらない値段。
東京のビジネスホテルの二倍くらい。
もっと早めに調べておくべきだった。。。
ホテルは取れたものの今度はバスが心配だ。
日曜イサカへ向かうぶんには問題ないだろうが帰りが不安。
ちゃんとNYシティーまで帰れるだろうか。。。
しかも今回のことでママに気を使わせてしまった。
何かいいお土産を持って行かなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/05/17

Emergency!!

NY行きに暗雲が。。。
滞在中の土日にイサカという町に住む新妻ドクターのママに
会いに行く予定だったがホテルがどこも満室らしい!
こんな田舎町になんでこの日にかぎって人がたくさんいるんだ!
何かあるのか?!いや,田舎だからこそ何かあって人が押し寄せると
ホテルがすぐにパンクするのかもな。

とにかく土日のイサカ行きは,まず不可能になった。
かといって平日に行くとママは仕事があるだろうし。
一応,一日ずらして日月の予定でもう一度ホテルを申し込むつもりだ。
そうすると,すでに確定しているNYシティーのホテルもまた変更せねば。
ちなみにこちらのホテルはミッドタウンのど真ん中。
エンパイアステートビルまで2ブロックという立地。
治安的にやや不安はあるが,旅行会社のパンフレットによく載っている
ホテルなので日本人もたくさん泊まっているのだろう。
なんだか急にあわただしくなってきたな。
まだ細々としたものを買い揃えなければならないし両替もしなければ。
まあでもここ最近の忙しさもやや落ち着きだしてかなり旅行のことを
考える余裕が出てきた。
大好きな高層ビルを眺めてしばし現実逃避してこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/13

余裕がない!

カレンダーを見てびっくり!
NY行きまであと二週間をきっている!!
まだ全然実感がわかない。
というか予想外にいろいろ立て込んでてあまり
そのことを考える余裕がない。
まあでもこの旅行がいい気分転換になるだろう。
まさに国外逃亡だ。
しかし当面は現実と戦わねば。

今,バフンウニというウニを実験材料に使っているが,
こいつはもうシーズンオフで,使えなくなる。
精子を使っているので,繁殖期が過ぎると使い物にならない。
次のタコノマクラやムラサキウニが使えるようになる
夏までは実験ができなくなる。
季節労働者のつらいところだ。
だから今のうちに良いデータをとって,オフシーズンに
論文にまとめてしまおうという計画。
当初は一年目に論文を仕上げるという目標を持っていたが
かなり遅れてしまっている。
NYへの逃避行の前にもう一頑張り!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/12

ずるいよな

シェフが二人いたとして,ハンバーグとカレーをそれぞれ作ってくれたとする。
そしてどちらか一方だけを選んで食べなければならない場合。
でもやっぱりどっちも欲しいよな。
じゃあ,カレーにハンバーグをのっけて食べればいいじゃないか!
なんともわがままで欲張りな性格かと思うかもしれないが,
実際に僕はそういう性格である。ずるいよな。
しかし,それじゃあシェフは納得しないだろう。
ハンバーグを選べばカレーを作ったシェフが,カレーを選べば
ハンバーグを作ったシェフが,それぞれ傷つくだろう。
カレーにハンバーグをのっければ両方とも傷つくだろう。
どの道,だれも傷つかない選択肢はない。
決断が迫られる。
どちらも欲しい。
どちらも傷つけたくない。
棺桶の中でこんなことを悩む毎日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/10

五月病

この春から他の研究室へ進学した後輩のホッケーバカが
最近,無気力になっているとのこと。
去年一年,うちの研究室で卒研を行っていたのだが,
それはもう目を覆いたくなるほどの不真面目さだった。
ホッケーをやっているときや飲み会のときは目がきらきらと
輝いているのだが,研究室にいるときはいつも寝ていた。
だいたい昼前に研究室に来たためしがない。
いつも二時きっかりに来るので,まあ一応規則正しい生活か?!
起きているのはネットでスポーツニュースを調べているときくらい。
うちのボスは寛大なので何も言わず温かく見守っていたが,
陰ではかなり心配していた。
自分も卒研に関してはさぼりまくっていたので,あまり人のことは
言えないのだが。。。

この春,新しい研究室に移ってからはかなりまじめに実験をやっているようだ。
まず画期的なことは,ちゃんと朝から研究室に行っていること。
それでも週末にはやはりホッケーに勤しんでいるようである。
ホッケー場で,女子ホッケー部のコーチとして鼻の下をのばしているのを
よく見かける。まあとにかく忙しいようだ。
「平日,急に飲み会に誘われても来れませんから」などということを言われた。
ちょっと忙しいからといって偉そうな口をききやがって。

なんだか悪口っぽい書きっぷりになってしまったが,本当はホッケーバカのことが
大好きなのである。愛情の裏返しである。
無気力になっている,ということで心配している。
たぶん今までだらだらとした生活を送っていたのが,急にあわただしくなったからだろう。
実は僕も去年の今頃,無気力になっていた時期がある。
実験がうまくいかず,学会申し込みの締め切りもせまっていて気ばかりあせっていた。
環境の急変というのは予想外に精神的な影響が大きいもので,
ホッケーバカもいわゆる五月病みたいな状態なのだろう。意外とナイーブだから。
まあタフなやつなのですぐに乗り切るだろうと期待している。
けっこう「お調子者」なやつだが,なんだか憎めないやつだ。
あいつがいなくなって正直ちょっと寂しい。
もうすぐ二時。
未だに,そろそろあいつが近所の肉屋の弁当を持ってふらっとやってきそうな気がする。
スポーツニュースをチェックしながら「カレー食いに行きますか!」と言う
馴染み深い光景。懐かしいな。
あまり気張る必要はないと思うので,あちらの研究室でも気楽にがんばってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/09

一段落

とりあえず特別研究員の申請書類が完成した。
これから最終チェックをして必要部数プリント,明日の提出に備えねば。
というわけで今日・明日の歌津へのウニ取り旅行は断念。。。
これだけ苦労して落ちたらショックだよな。労力を返せ!って感じ。

この一週間くらい,メールでボスに申請書類を添削してもらっていた。
改訂を重ね,最終版はなんと第8版である。
これまでの研究内容とこれからの研究計画や研究の特色を書くのだが,
今思うと初めのうちはかなりひどい内容の文章だった。
全体を通して論理的な一貫性がない,というか熟考せずに思いつくままに
文章を書き連ねていたのでそれは当然である。
改訂,といってもボスに指摘されたところをその通りに直すだけで
再び添削を依頼する,といった具合だった。
一度書き上げたものを壊してまた書き直すというのは予想外に大変だ。
そういう意味で,妥協というか正直,手を抜いていた。
さすがは偉大なボスで,そういうところを見抜いていたのだろう。
昨日の朝送られてきた添削結果には随所にかなり手厳しいコメントが書かれていた。
普段は反逆心旺盛で打たれ強い僕だが,さすがに自分のふがいなさに落ち込んだ。
しかし,やはり寛大なボスである。
僕の気持ちを鼓舞するような挑発的なコメントも添えられていた。
情けないやら嬉しいやら。
ボスは忙しいのにわざわざこんな大変な作業につきあってくれてるんだ。
一気にモチベーションが上がった。
論点を明確にし,論理的な構成を心がけながら,思い切って文章を大幅に書き変えた。
自分で言うのもなんだが,それまでの文章とは雲泥の差,洗練されたものに仕上がった。
ボスからも,かなりおもしろいストーリー展開になったとお褒めのコメント。

これだけがんばっても落ちるときは落ちる。
他にも優秀な人たちはたくさんいるし,
審査員も人間だからどうしても主観は取り除けない。
事実上,公平な審査なんか不可能だ。
しかし,このような書類の作成はよい勉強になった。
ボスの懐の広さに感謝と尊敬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/08

塩!塩!塩!

昨夜は中間発表の打ち上げということで修士の飲み会に参加した。
他の研究室との交流があまりないので同学年といえどもほとんど
知らない人たちだった。
会場は下北沢のエスニックな居酒屋。
駅前に集合だったのだが,そもそも皆の顔をよく知らないので
なかなか見つけられなかった。
なんだか見たことあるような顔の人に話しかけてみると,まさに
幹事の人だったのでなんとか無事に合流。

しかし,この店,けっこうひどかった。飲み放題のコース料理だったのだが
こんなことを言うとセッティングしてくれた人には申し訳ないが,
これだけまずい料理を食ったのはひさびさだ。
基本的に全て辛い。
最初のサラダですら辛い。なにしろキムチ入りだ。
終盤の焼きビーフンはすさまじかった。
これまでの辛さとは違う。塩辛い。
いや,むしろ塩の味しかしない。飲み物なしでは食えない。
飲み物があっても焼け石に水,状態。
とどめのチャーハンは,もう皆,最初から「どうせまた辛いだろう」と
懐疑的になっていた。
そのチャーハンを恐る恐る一口。
ん??甘い!いや,待て。。。やっぱ辛い!
驚くべき味だ。一瞬甘いかと思いきやじわじわと辛さが押し寄せてくる。
ある意味奇跡の料理だ。

そういうわけで昨日は散々,味覚を撹乱された。
今日もなんだか口の中が気持ち悪い。
海で泳いだ後みたいな気分だ。絶対,塩のせいだろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/07

やれやれ

中間発表がたった今,終わった。
それほど緊張しなかった。
もともと人前で発表するのが好きなので。
昔から目立ちたがりな性格である。

最近こうでぃん氏が生き生きとしている。
昨日,うちの研究室の特権で,中間発表の豪華な会場を
貸し切りで発表練習を行ったのだが,その直後
こうでぃん氏が妙に爽快感を覚えていた。
いつも内気なこうでぃん氏には珍しく,人前での発表が
楽しかったようだ。
彼はこれまではいつも昼から研究室に来ていたが,
この春からはちゃんと朝から来るようになった。
キャッチボールをしようと誘惑しても,断るようになった。
眼鏡もおしゃれになった。
なんだか最近のこうでぃん氏は輝いている。
ついに化けたか?!

それに引き換え僕はと言うと。。。
最近妙に思考がネガティブになっている。
単に忙しいからというわけではなさそうだ。
なんだかよくわからないが精神的にかなり不安定だ。
このもやもやした感じはいったい何なんだ?!
とりあえずこの週末を生き延びることができたら息抜きをしよう。
ひたすらぼーっとして現実逃避を試みるか。
一日中,山手線に乗っているのがいいかもしれない。
棺桶の出口が見つかればいいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/06

Under pressure I'm cracking!!

忙しい。
とにかく,忙しい。
明日は修士論文の中間発表。
そして来年からの給料がかかっている学振・特別研究員の申請用の
書類作成の締め切りが来週の火曜日。
月-火曜日は宮城県・歌津へのウニ取り旅行も重なっている。

中間発表は失敗したところで自分の将来に多大な影響を及ぼすとは思えない。
そう割り切ってしまえば多少は精神的に楽になる。
しかし学振のほうはそうはいかない。
なにしろ3年分の給料が懸かっている。手を抜くわけにはいかない。
それでも倍率は約10倍。厳しい。
明日,中間発表の終わった後に修士の飲み会がある。
そんなもの参加している場合ではないが,なにしろ普段,他研究室との交流が
ほとんどない環境にいるので,人脈作りという点で絶対参加しなければ。。。
月-火曜日のウニ取りはとても楽しみにしていたが,さすがに余裕がない。
涙を呑んで今回はあきらめよう。。。

そういうわけで,この週末はひとつの山場だ。
ここを乗り切っても,次は論文作成の大仕事が始まる。。。
さらに,そろそろNYのホテルを予約しなければ。。。
多忙だ。プレッシャーに押しつぶされそうな毎日。
棺桶の中でこの記事を書いている。

学振受かったら皆に焼肉でもおごろう!
落ちたら。。。みんな,慰めてくれ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/05/05

交通神経症

ゴールデンウィークの休みにひさびさに岡山の実家に帰ってきた。
東京から新幹線で3時間半。けっこうつらい。
何しろじっとしていることが大嫌いな,落ち着きのない性格なので
こんなに長時間座っているのはつらい。
飛行機だと一時間ほどで着く。
しかし岡山空港から実家まで車で一時間かかる。
何しろ岡山空港は山の中の辺境の地にあるから。
こんなところまでわざわざ誰か迎えに来てくれる保証が得られない
限りは空路は使う気にならない。

岡山から東京へ戻る新幹線の中でのこと。
突然車内に爆発音が響いた。
乗客一同がビクッとなって何が起こったのかと周りを見回しているのが
わかった。実はある乗客の持っていた風船が破裂した音だった。
尼崎であのような事故があった直後である。
これまでは安全神話を誇ってきた新幹線に乗っていても些細なことで
不安になってしまう。

ここ数日,電車やバス,ヘリコプターなどの事故が相次いで発生している。
飛行機だって機体整備の不備や管制官の指示ミスなど,なにやら怪しい。
もはや安全な交通手段はないのか?!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »