« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/30

引越し前夜

研究室の大移動が迫っています。
どうでもいいけどやっぱり「大移動」と聞くと枕言葉的に「ゲルマン人の」を
思い浮かべてしまいます。
移動しただけで歴史に刻まれた彼らは凄い。
感心している場合ではありません。
研究室が片付きません。
先週,未曾有の祭りラッシュを乗り切ったのに今週も結局祭りラッシュは
続いて仕事がはかどりません。

遊んでる場合じゃない!

でもまあ少しずつ希望は見えてきています。
いつもギリギリまで周りを不安にさせておいて最後には驚異的な追い上げを
見せる先輩(先日の学位審査は圧巻でした)もここにきて黄金パターンに
はまってきてます。
本当の落とし穴は別にありました。
いつもこの先輩の「指数関数型伸び体質」を笑っていたボスが一番の
ボトルネックであることをもっと早く気づくべきでした。
自分が普段よく使うものは片付けられますが,結局のところどうすべきかを
ボスに聞かなければ判断できないものが山ほどあるのです。
つまりボスが本気にならないとどうにも進まない作業がたくさんある。

先日,本格的な引越しに先駆けて除振台(顕微鏡を置くための大きな台)を
運び出しました。
クレーンでつり上げて運ぶ必要があって,業者の要望でそれだけ別の日に
運んでおいたのです。
その時,新しい研究室を初めて見ました。
一言で感想を述べますと,,,

素晴らしい!

1階のかなり広くてテーブルや椅子がちゃんと置いてあるロビーの一角に
研究室があります。
ロビーにはちゃんと自動販売機。
なんて快適そうな空間!
大学院生が虐げられている今のキャンパスとは大違い。
人間関係も一新するわけですね。
ここにいる間にも向かいの研究室や下の階の研究室まで手を広げて
なかなか楽しい人脈を築けましたが,新しい研究室でもぜひ,壁を
ぶち破ってカオスな空間を作りたい。

刺激に満ちた新生活を夢見てます。
そしてふと夢から覚めました。
明日は引越し!!
ここにきてついにボスが焦り始めました。
1週間早く焦り始めてくれてれば。。。
最近になってようやく気づいたんです。
自分の周りには(自分も含めて)周りを巻き込まずには生きられない
人たちばかりだと。
でも,これっていいことです。
刺激に満ちた生き方,大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/03/23

祭!祭!祭!そして祭!

研究室の移転が目前に迫っています。
それはつまり祭狂時代の到来を意味しています。
文字通りの祭りラッシュ。
怒涛の一週間が過ぎ去りました。
大規模な祭りが週に四回。
いまだかつてなかったペースです。

ボスの邸宅に招かれてのホームパーティーがその幕開けと
なりました。
実はホームパーティーに招かれたのは二回目。
相変わらずfancyなパーティーでした。
このままレストラン営業しても問題なし,という感じ。

最終講義(と言っても退官するわけではないんですけど)が
催されて,つまり学科としてのお別れ会がありました。
これはどちらかというと先生たちの祭りで,私は別の重要な
任務(コード名:アルパカプロジェクト)に専念したかったので
中休みというか,ほとんど顔を出していませんが。

そして研究室としての公式祭り。
雨にも負けず朝までコース。
こんなの随分久しぶり(と言っても数ヶ月ぶりぐらい)。
学会発表(しかも口頭)前日だというのに喉に深刻なダメージを
負ってしまって大変でした。
はしゃぎすぎ。

華々しくラストを飾るのは,研究室の歴代メンバーが大集合
しての大祭。
うちの研究室御用達の魚がおいしい店を完全貸し切り。
企画してくれた幹事組の先輩方には敬服しました。
ありそうでなかった,超豪華キャスト?!
普段は絶対に終電までに帰るボスが,この日ばかりは最初
から帰る気がなくて,あらかじめちゃんとホテルを予約する
ほどの意気込み。
最後はボスが宙に浮きました。

祭りの後の静けさの中,現実に直面して,ふと思うのです。

引越しまで後4日!

本当に引っ越せるのでしょうか。
というか本当に引っ越す気があるのでしょうか。
自分も含めて。
研究室はいまだにほぼ日常と変わりない姿です。
隣の研究室の美人ママに怒られました。

何でまだ実験してるの!

はい,もう実験は止めます。
顕微鏡も撤収します。
泣く泣く。
そして怒りの矛先は研究室全体に向けられました。

何でミーティングしないの!

はい,ちゃんと引越しの段取りを話し合います。
先日の学会でうちのボスがある先生と雑談していて,いつ
引っ越すのか,と聞かれたときのボスの一言。

再来週だよ。

せっ,先生っ!引越しは4日後ですよ!
日に日に不安が募るこの頃。
と言いつつこの場でぼやくヒマがあるあたり,危機意識が
欠落してますね。完全に。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/03/20

アルパカ博士生誕

今日は雨?
でもそんなものがこの清々しい気持ちを押し流せるでしょうか?
大切な先輩を送り出しました。
この日のために一年前から構想を練り,この三ヶ月間は毎日
不眠不休で一大プロジェクトに取り組みました。
大好きなサプライズ企画。
持てる限りの行動力を駆使し,総勢50人もの方々を巻き込んで
昨夜がその集大成。

彼とはもう5年の付き合い。
なんだかいろいろと分かっている気にはなっていました。
でもまだまだ知らないことがたくさんあるのでは?
もっと深く彼を知りたい,そう思って彼を探す旅に出たのです。
多くの発見や,再認識させられたことがたくさんありました。
でも一番の発見は最後の最後にありました。
彼は絶対に感極まって泣いたりするような性格ではない,と
思い込んでいました。
だから今回のプロジェクトも「感動の大作」というよりは,終わった
後で思い返してしみじみとなれればいい,という思いで構想を
練ったつもりです。
それが,,,
彼の流した涙は私には一生の思い出です。
本当に彼のことなんて何も分かっていなかった。
最後の最後にまさかの逆サプライズ。

今後彼がどうなるのかなんて全く予想がつきませんが,心配する
だけ無駄だということはもう学びました。
どの道,自分の生き方を貫き通すのでしょう。
周りの人たちはこれからも振り回され続けるでしょう。
でも,それがまた彼の魅力でもあるんです。
あの印象的な笑顔で,これからも邪道を突き進んでほしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008/03/12

アルパカ・エクスポネンシャル

明日は研究室の先輩の学位審査会です。
口頭発表と質疑応答。
本当にいろいろありました。
とにかくドタバタ。
予想はしてましたけど。
この人はもう,周りをハラハラさせずには生きられないようです。
というのも,昨日,ようやく初めて発表練習をしたときのこと。
そりゃあ予想はしてましたけど。
案の定,ぐだぐだです。
2日後に学位審査会を控えてる人の発表だとはとても思えません。
そもそも本番2日前になってようやく1回目の練習ができる段階に
なるというのも私には信じられませんが。

練習に立ち会った方々から突っ込みの嵐。
本番2日前にあんなにダメ出しされたら普通へこみますよ。
本人は顔は笑ってたけど,きっと背中で泣いていたはず。
気の毒だな,とは思いつつも,ここで黙るのは優しさではありません。
心を鬼にして遠慮なく私もたくさん突っ込ませていただきました。
傷つかずに成長なんて絶対にしない,というのが私の信条です。

でも彼のすごいのはここからなんです。
こうなるのは予想していた,と言いましたが,本当にこれはいつもの
パターンなんです。
直前からの追い込みがすごい。
いつも「もうダメだ」と周りに思わせておいて,でもそこからの飛躍が
尋常じゃない。
まさに指数関数的な成長をいつも見せてくれます。
周りをものすごくハラハラさせておいて,でも最後には結局乗り切る。
ボスに「このパターンにも慣れてきた」と言わしめるほどの「お約束」。
本人もそのことはよく分かっている様子。
「黄金パターンにはまってきた」なんて言う余裕を見せてくれました。
今回だけが「例外」とならないことを願っています。
(「マーフィーの法則」はこの際,忘れよう)
今夜,再び練習です。
明日は本番。
見えるのか,飛躍?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008/03/03

きれいなジャイアンは好きですか?

先週末,アニメだか漫画だかのイベントがあったらしいです。
そのイベント自体には全く興味がないんですけど,なんとそれに合わせて
「きれいなジャイアン」のフィギュア(しかも大きさ25cm!)が限定発売
されるというのです。
こんなマニアックな物にも関わらず普通のニュースになってました(だから
こそ私も知ることができたのですが)。

こっ,これは!

捨て置くわけにはいかん!
皆さん,きれいなジャイアンって知ってます?
「きれいなジャイアン」でグーグルさんに聞いてみればすぐにでてきます。
(アニメ版より原作の方が断然よい)
しかも写真を見る限り,このフィギュア,かなりよくできている。

欲しい!

ネットでも限定発売されるということで,発売日はちょうどスノボに出かけて
いるときでしたが,ケイタイで頑張ってアクセスしてみました。
が,アクセスが殺到したのか全然つながらない!
つながったときにはすでに「完売御礼」の表示。

残念。。。

なんて話を某女子大の後輩にしてたら,なんと彼女らの研究室に以前から
きれいなジャイアンの小さいフィギュアがあるとのこと。
所有者が誰なのかよく分からないとのことでしたが,調べてみると実は今は
某臨海実験所に移っている女王陛下の物だと分かりました。
しかもなんと熱意が認められて,払い下げられることになりました。
恐悦至極にございます。

「きれいなジャイアン」と聞いて食いつく,というか知っているだけでもかなり
ドラマニアかもしれません。
ではスネ夫に弟がいるのを知っていますか?
実はスネツグという弟がいて,アメリカのおじさんに養子に引き取られている
のです。何だか無理矢理な設定なんですけど,本当の話。
我々の仲間内ではスネツグの存在を知っているかどうかが,ドラマニアで
あるかどうかを判定する一つの基準となっています。
以上,どうでもいい話。
ああ,でもこの本はぜひ読んでもらいたい。

「ドラことば心に響くドラえもん名言集」
小学館
ISBN-10: 4093876754
ISBN-13: 978-4093876759

編集者のセンスがとても気に食わないのですが,それでも「ドラことば」って
心にしみますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »