« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/29

モーニングに行ってみた

今朝,仕事の前に奥様と近所の喫茶店に行ってきました。
愛知には人口の割りに喫茶店が多い気がします。
喫茶店を社交場とする文化が根付いているのだとか。
「喫茶店」というもののとらえ方が独特です。
そして何といっても特徴的なのが「モーニングサービス」です。
他の地域のモーニングセットとは全く違うものです。
コーヒーの値段で,トーストや卵などがついてくるのです。
つまり,モーニングセットに含まれる食べ物は全て無料。
このあたりでは当たり前のサービスなのです。
こちらに住み始めて初めて知って,カルチャーショックを受けました。
で,気になりつつもずっと機会を逃していたのを,今朝たまたま別の
用事で朝早くに出かけたので,ついでにモーニングを試してみたの
であります。

店によってサービス内容は違うようですが,今回の店ではトーストと
卵が含まれるというオーソドックスなモーニングセットでした。
もちろん値段はコーヒー一杯分。
トーストと卵なのでうまいもへったくれもないのですが,お徳ですね。
コーヒーはうまかったです。
エスプレッソがないのが残念ですが。
サラダとか,もっといろんなものがついてくる店もあるそうです。
こんなので採算が合うのだろうか?
逆にこんなのが当たり前だと思って育った人が,外の地域に出て
モーニングセットを頼んだら無料じゃなくてびっくりするんでしょうね。
いやはや,カルチャーショックです。
どの道,貧しい生活を強いられている現状ではそうそう外食なんぞ
できませんが。

| | コメント (0)
|

2009/10/26

Aglio, Olio e Peperoncino

結婚してからというもの,カレンダー通りに働く習慣が身について
います。
そんなわけで土日はゆっくり起きてブランチというのが定番。
先週末は,ペペロンチーノを作ってみました。
キッチンに立つ許可を奥様がくださったので。
ただしちゃんと後片付けまでするという条件付きで。
恥ずかしながら初めて作りましたが,ペペロンチーノのレシピは
超簡単なので一応,見た目にはそれらしく仕上がりました。
手際が悪くてニンニクが焦げていたり,パスタがからまっていたり
していますが。。。
写真ではきっと分からない!
Nec_0439
唐辛子が思ったより辛かったのと,やっぱりニンニクが焦げている
のが多少気になるけど,一応それらしい味でした。
奥様の評価は,,,
いただきました!星2つ!
まあそんなとこでしょう。
食後は最近はまっているカフェラテ(厳密にはカプチーノ?)。
練習しているのですがなかなかうまくなりません。
時々うまくいくけどまだコツが完全にはつかめない。
ミルクがうまく泡立たなかったり,うっかり沸騰させたりで。
ひたすら練習するのみです。
Nec_0440

| | コメント (0)
|

2009/10/20

スポーツの秋2009・その2

ソフトボールの筋肉痛も冷めやらぬうちに(その日の内にに来るあたり,
まだまだ若いらしい)翌日の日曜日は山に行ってきました。
気になっていた三重の御在所岳。
三つのルートがあってそれぞれ難易度が違うとのこと。
福岡に住んでいたときに登った山で,簡単な女道と少し険しい男道と
いうルートがありました。
でも,その脇に小さな標識で羅漢道というのを見つけてしまった。
男道を超える羅漢の道,,,こんな前フリを見過ごすわけにはいかず,
足を踏み入れたら,山頂を目指すはずの道なのにいきなり下り坂。
登るためにまず下りるとは,さすがは羅漢の道です。
ものすごく大変でした。
という苦い経験を活かし,初心者ばかりの集団でもあったので,最も
簡単だとされる裏道ルートを選択しました。
麓から見上げた御在所岳はこんな感じ。
Crw_1745
えっ,何?ロープウェーが見えるって?どこに?
そんな軟派なもの見えません。
きっと見える人はまだ精神力が足りません。
我々は脇の方から登山道へと進みました。
台風の影響で橋が崩落したりして,ルートが少し変わっていましたが
親切なおじさんが途中まで案内してくれて助かりました。
で,難なく途中の山小屋まで到着。
初級ルートだからか,難所も全然ありません。
が,山小屋を過ぎて川沿いの道に入った辺りで何やら様子がおかしく
なってきました。
大きな岩がゴロゴロしている中をよじ登っていく感じ。
Crw_1746 Crw_1753 Crw_1755
ある程度登りつめたところでふと左方向に目をやると,断崖絶壁。
Crw_1756
すごい壁だなあ,,,なんて感心してみていると。。。
人がいる!
よくよく見ると確かに人が動いています。
ロッククライミングしてます。
下からはほとんど見えなくて,動かないと人であることすら分からない。
どうしてあんなところに登ってしまったのでしょうか。
しかもこんなにつるっとした岩肌につかむ場所なんてあるのかしら。
上の写真の真ん中辺りを拡大したのがこちら。
Crw_1756c
どんなに離れていても聞こえてきます。
彼らの心の叫びが。ファイト~!いっぱ~つ!って。
今回のルートで一番大変だったのは,この岩場を抜けてからでした。
再び森の中へと進んでいくと,今度は獣道みたいな道が続きます。
あちこち手をつかなければ登れないような道でした。
急な上に滑りやすい。
しかも片側は断崖。
よじ登る,という表現がふさわしいかも。
そんな難所を通り抜けるとようやく視界が開けてきました。
Crw_1759
よく見ると一番上の岩の上に人がいますね。
だから,どうしてそんなところへ行ってしまったのでしょうか。
と思ったらそこの岩には道がついていて,簡単にいけました。
岩の上からの景色。
Crw_1761 Crw_1763
頂上付近の道がまた難所でした。
見た目は普通の小道ですが,下が砂地でものすごく滑る。
でも何とか登頂!
何となく予想はしていましたが,頂上には人の多いこと!
大半がすごくカジュアルな格好で,広場でバドミントンとかしてます。
カップルはいちゃついてます。
ロープウェーのある山ではよくあることです。
いやしかし,バドミントンって。
わざわざここまで来てやる必要がありましたかね?
なんて言いながら頂上で記念撮影する私と奥様。
Crw_1770
かつての研究室のTシャツをペアルックで。
わざわざここまで来てやる必要がありましたかね?
まあそんなこんなで帰宅です。
帰りの写真はないのかって?
まさかロープウェーで下りたのかって?
そんな疑問を抱いてはいけません。
世の中には知らないほうがいいこともたくさんある。
今回のルートは変化に富んでいて楽しかったのですが,けっこう
難所が多く,初めての登山にはおすすめできませんね。
近いうちにまたどこか登りたいです。

| | コメント (0)
|

2009/10/19

スポーツの秋2009・その1

金曜の夕方,研究室のポスドク番長(忍者)を誘って突然バッティング
センターに行きました。
調べると研究所のすぐ近くにあったので。
ただマシンが置いてあるだけの,昔ながらのバッティングセンター
でした。もちろん松坂とかはいません。
急速は100km/hと90km/hのみ。
本当は端っこにあったソフトボール用のマシンで打ちたかったのですが
何だか格好悪いのでもちろん100km/hです(こういうところでついつい
見栄っ張りな性格)。
もちろん,打てない。
それなりには当たりますが,隣でいかにも野球少年な高校生が
かっ飛ばしているのを見ると情けなくなります。
右利きなのになぜか左打ちの番長もだいたい同じレベル。
見よ,番長の勇姿!
Nec_0437
何でそもそもバッティングセンターなのかって?
金曜日に突然誘われたんです。
土曜日のソフトボール大会に。
バレーボール部チームの一員として。
バレーボール部には所属してないのですがいろいろありまして。
しかしバッティングセンターの自主トレによって手にマメが。。。
練習しすぎではなく,体が弱りすぎです。運動不足。
本番前に練習で怪我してりゃ世話ない,とか言わないの。

本当は研究所内のソフトボール大会が雨天中止になってしまって
納得できない人たちが集まった自主開催の試合でした。
が,この日もまた微妙な天気。
というわけで集まりが悪くギリギリ何とか2チームを編成できて,
試合ができました。
ほとんど戦力にはなれませんでしたが,楽しみました。
それにしても体が思い通りに動かない。
そしてもちろん全身筋肉痛です。
日ごろから運動しなきゃいけませんね。
ちなみに再来週,大会本番です。

| | コメント (0)
|

2009/10/13

奥様の憂鬱

書類書きに追われてます。
忙しいです。
忙しくなると,むしろ暇になります。
そうです,逃避です。
実験で忙しいのはいいんだけど,書類ってのはどうもやる気が
起こりません。

先日家で考え事をしていたら,隣にいた奥様に突然
「何か言った?」
と言われました。
どうやら頭の中で考えていたことがうっかり口から漏れ出て
しまっていたらしい。
無意識の独り言です。
恐ろしい。
個人情報を自ら流出の危機です。
ほとんど声にならない声でぼそぼそ喋っていたらしいので今の
ところは安心ですが,自分で気づかないうちに独り言を発して
いるとなると,また別の意味で不安です。
どうでもいいけど「サトラレ」って映画ありましたね。

そんな奥様も実はものすごく独り言が多い。
奥様はとてもよく喋ります。
人と接するのが好きです。
結婚して仕事を辞めて見知らぬ土地に引っ越してきたものです
から,話し相手がいなくて退屈しているようです。
退屈しのぎに連日イオン(=地方の市民の憩いの場)に通ったり
しているようです。
そのうちイオンで友達ができるんじゃなかろうか。
いや,これが割りと現実的な話。
買い物好きな奥様はよく服を買いにお洒落な店に行くのですが
店員さんと仲良くなってプライベートでも連絡取ったり遊んだり
するのは実際によくある話なのです。
先日も,結婚式のときにお世話になった,式場のブライダル
コーディネータの方と仲良くなってついにプライベートで連絡を
取り合うようになりました。
新天地でも友達ができるのは時間の問題でしょう。
何というか,才能ですね。
ちなみに私の才能といえば,「よく道を聞かれる」ぐらいです。
国内でも海外でもいろんな国の人から道を聞かれます。
自己分析では,きっとやる気がない顔をしているので地元の
人っぽく見えたり,話しかけやすかったりするのでは,という
理由が考えられます。
おそらく同じ理由で「写真を撮ってください」とよく頼まれます。
今のところ自分の役に立ったことはない才能ですが。。。

| | コメント (0)
|

2009/10/09

初めて目と目で向き合う

台風一過の青空です。
一昨日の夜から次第に雨風が強くなり,台風が接近している感じが
ありましたが,昨日の未明に直撃して,大変なことになりました。
奥様は雨風の音に眠れなかったそうです(後から聞いた話では同じ
ように眠れなかった人は多かった)。
明け方に時々窓の外の様子を伺ったりしていたらしい。
その横で私は完全に爆睡していました。
でも6時頃だったか,なぜかふと目が覚めて,ものすごく外が静か
だったので「なんだもう通り過ぎたのか」と安心して(そもそも心配
していないというか)再び深い眠りに。
で,次に目覚めるとまた嵐の中です。
そうです,あの静けさは間違いなく台風の目に入ったため。
生まれて初めての台風の目です。
それにしても本当に直撃ですね。
しかし奥様が眠れないという騒音の中で平気で寝ていたのに,
むしろ静かになった一瞬だけ目を覚ますとは,我ながらどういう
神経しているのか疑いたくなります。いやはや。
研究室のボスはちゃんと「目」の写真を撮って見せびらかして
いました。

「目」はともかく,本当に大変なのは夜が明けてからでした。
停電!
しかもアパートの水道はポンプを使用しているらしく,停電と同時に
断水!
当然ながらトイレも使用できません。
とりあえず中部電力に電話するもつながらず。
おそらく問い合わせが殺到しているのでしょう。
管理会社の緊急連絡先に電話して事情を伝えましたが,やはり
電力会社に電話がつながらない状況では対応しようがないという
ことで,とりあえず奥様と研究所に非難することにしました。
葉っぱまみれになって汚れてしまった車で出発。
道路も葉っぱまみれ。
高校のコンクリートの門柱が崩れていたりして,かなり被害が
大きいことが分かりました。
研究所は幸い停電していませんでしたが,ある部屋では窓ガラス
が大破してました。

電話はつながりませんが,中部電力のホームページで停電情報が
毎時更新されていました。
私の住んでいる三河地区では朝の段階で約20万世帯が停電。
市のホームページによると市内の1/3が停電だそうです。
午前の停電世帯数の推移から完全復旧の時期を単純に計算すると
日が暮れる頃にはほとんど復帰するだろうと楽観していましたが,
午後になって急に復旧速度がペースダウン。
夕方確認のため自宅に戻っても相変わらずの停電・断水。
夜7時頃に戻ってみたときにようやく復旧していました。
文明に触れて感動と安堵と,一気に疲労です。
今朝になっても復旧していない世帯があるようですね。
とりあえず昨日の停電世帯の推移を随時グラフにしていたものを
載せておきます。
一緒に非難して研究室で一日を過ごした奥様は隣で呆れて
いました。
そんなもの作るひまがあったら仕事しろと。。。
Teiden

| | コメント (0)
|

2009/10/05

またもやドライブ東へ西へ

東北へドライブに出かけたのも束の間,今度は実家のある岡山に
行ってまいりました。
いやはや疲れますよ。
奥様の用事に付き合う形での弾丸帰郷でした。
私は用事がないので,当初は奥様単独で新幹線で帰る予定に
していましたが,急遽一緒に帰ることにしました。
目的は癒しです。
このところ厄介な問題を抱えていて精神的に疲れきっているので
たまにリフレッシュしないと身が持たない。
そんなわけで奥様のお姉さまの子どもたちと遊んできました。
いや,正確には遊んでもらってきました。
ひと時の癒しです。
手強いお姫様を相手に逆に疲れたという説もありますが。
でもまあ,そのまま大人になってしまったお姫様に比べれば,
子どもの身勝手なんてかわいいもんです。

今回は大きな渋滞もなく比較的快適なドライブでした。
そういえばいつだったか「東名のバックアップを作れ!」だとか
「関西にバイパスを作れ!」だとか偉そうなことを書いた記憶が
ありますが,実はもう作っていました。
調べもせずに怒っちゃいけません。はい。
でも全線開通はまだ随分と先の話だそうで。
ところで関東の圏央道はどうなったんでしょうねえ。
ジャンクション好き(高層建築好きの一環として)の私としては
中央道と圏央道のジャンクションの美しさがたまりません。
だからどうだというわけではないけど。
いつも通りのとりとめもない話でした。

| | コメント (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »