« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/30

カルボナーラのカロリーの燃やし方

このところ休日のブランチによくパスタを作ります。
料理なんて長らくしていなかったのですが,パスタは意外と簡単に
おいしく作れるのを知ってはまっています。
外でパスタを食べる時に必ずといっていいほど選んでしまうのが,
カルボナーラ。
というわけで自分でも作ってみました。
Nec_0450
どうでもいいけど「カルボナーラ」って英語風に言うと「カーボン」。
つまり「炭」です。
元々は炭坑で働いていた人たちがその辺にあるもので適当に
食事を済ますためのメニューだったとか。
本来は生クリームを使わないそうです。
さらには,黒コショウは,炭坑で食べる時にかかってしまう炭の
粉をイメージしているという都市伝説じみた話まであります。
以上,カルボナーラうんちく。

しかしこんなにカロリーの高そうなものを食って,最近気になる
お腹周りの脂肪にはどう言い訳するのか?
そこで登場,Wii Fit!!
困窮した生活を見るに見かねた奥さまのお母さまから誕生日
プレセントにWiiが!
そしてうちの母からはWii Fit Plusが!
両家の夢のコラボによって憧れのWii Fitが手に入ったのです。
そんなわけでこの週末は夫婦そろってWii Fit大会が開催された
のであります。
もちろんもれなく似顔絵も作っております。
Nec_0453
左から2番目が私,一番右が奥さまです。
某女子大の研究室のWii Fit大会で本人の意志とは無関係に
勝手に作成された私の似顔絵と結局ほとんど同じでした。
奥さまは「にやり」と笑っているイメージ,,,実は先日,先述の
研究室の某画伯にいただいた奥さまの似顔絵もやっぱり
「にやり」と笑っていたのです!
一度しか会ったことないのに見事に特徴(?)をとらえておられる
画伯の才能に驚嘆です(勝手にリンク)。
ちなみに一番左と右から2番目はそれぞれ研究室の先輩(忍者)と
ボス(実際はもっと大きい)です。けっこう似てます。

これからはWii Fitでエクササイズ!
BMIはやせ気味の標準ですが,気になるのはお腹の脂肪です。
次世代Wii Fitにはぜひとも体脂肪測定機能をつけてほしい!

| | コメント (0)
|

2009/11/26

事業仕分に反撃の狼煙

事業仕分の様子が連日報道されていますね。
この政権交代の余波に我々研究者は直接的な影響を受けるので
あまり他人事ではありません。
無駄なものはなくせばいいと思うんですよ。
大使館のプールやよく分らん広報誌だとか。
でも教育や科学に関わる予算は慎重に見直さねばならないと
思うのです。
もちろんこれらの分野が「聖域」に指定されるべきだと主張したい
わけではなく,この中にも含まれるであろう無駄な部分はしっかり
削ればいいと思います。
ただ,例えば研究内容に関して言えば,現時点で無駄かどうかを
判断できる人はいません。
それは専門家であっても同じです。
すっかり有名になったGFP(緑色蛍光タンパク質)が科学・医療の
飛躍的な発展をもたらすと予測できた人が,GFPの発見当時に
どれほどいたでしょうか?
直接的に科学研究を支える予算は減らしてはならないと思います。

科学研究関連の仕分けのときに某議員が言ってましたね。
「世界一じゃなきゃだめなんですか?
2番や3番じゃだめなんですか?」
私がその場にいたら思わず「あほかおまえは!」と突っ込みたく
なりそうです。というかテレビに向かって突っ込んでしまいました。
1番じゃなきゃだめなんですよ。研究成果的には。
2番以下の研究なんて無意味なんですよね。
あくまで業績としての話ですが。
トップを走っていれば当然,資金や優秀な人材も集まりやすい。
そして実際には2番以下の研究にも意義はあるわけです。
先ほどのGFPのエピソード然り,結局のところ何が本当に重要
なのかは現時点では誰も分からないのですから。
結局「世界一」であるかどうかは必ずしも重要だとは限りませんが,
いずれにせよ「世界一」の研究が生まれるような環境を維持する
ことが重要だと思うのです。

先述の議員を一応擁護すると,この手の報道は一つの発言
ばかりが独り歩きするメディアの悪い癖が現れることが多い。
今回の件について出された釈明のコメントによると,「担当者から
当然『世界一でなくてはならない』理由が提示されると期待した
質問」だそうです。
これが真意なら素晴らしい質問だし,いずれにせよ,鋭い答えを
すぐに用意できなかった担当者の責任は大きいですね。

一連の仕分けを受けて,歴代のノーベル賞受賞者の方々が
会見を開いてましたね。
なかなか圧巻です。
さすがに某首相も焦ったのか彼らと会って話すそうですね。
首相が実行に移すまでがあまりに速いのが笑えます。
我々下っ端の研究者だって黙っているわけではありません。
文科省への意見書提出関連のメールが研究所や若手研究者の
集りのメーリングリストで配信されてきています。
若手研究者がこうやって動いているのは嬉しいしわくわくします。
私自身は今年初めて研究費の申請をした駆け出しの研究者なので
研究費のシステムについてまだまだしっかりと把握できていません。
なので今回は直接的にこういった活動に参加することは難しいの
ですが,いい機会なのでこういう集まりからいろいろ学びたいと
考えています。
もちろん研究者の本業とは研究すること。
しかし政治と関わらずにはいられないのが現状です。
最高の研究のために,よりよい研究環境を整えることもまた,
研究の一部ではないかとも思います。
今はまだボスの下で研究に専念できますが,いずれ自立して
自分の研究室を持つ日のために,これもまた勉強です。

| | コメント (0)
|

2009/11/18

豚の衝撃

いつもひもじい思いをしていますが,奥さまのお知り合いから
結婚祝いに高級な豚肉をいただきました。
恥ずかしながら初耳でしたが,白金豚という銘柄です。
しかもけっこうたくさん!
というわけで高級な豚肉を3日間も堪能できました。
まずはやっぱり水炊き!
Nec_0445
肉本来の味を楽しむにはやっぱり余計な味付けはしないのが
一番でしょう。
一口食べて衝撃を受けました。
この豚肉のうまいこと!
かつて超高級イベリコ豚のステーキを食べたときに匹敵する
衝撃です(もちろん自腹ではない)。
「豚肉を食った時の衝撃」ランキングを更新するかどうか判断に
迷うところです。
しかし知りませんでした。
いい豚肉って甘いんですね。
噛めば噛むほど溢れ出す甘み。
お口の中がまるで甘みの間欠泉やぁ~!
しかし他の食材は自腹です。
締めは一玉35円のうどんです。
悲しきかな,格差鍋。
気を取り直して翌日はキムチ鍋!
Nec_0446
せっかくのいい肉をこんな味の濃い鍋に入れる贅沢!
写真がすでに食いかけのものであることは気にしない。
キムチ鍋なんて安い肉で十分だって?
いやいや,いい肉を使えばうまいものはもっとうまくなる。
もちろん辛いです。
でも何でだろう,やっぱり豚肉が甘い!
しかしもちろん締めは格差鍋。
3日目は冷しゃぶ!
Nec_0447
何やってもうまいです。
そして給料日だったこともあってか,食卓に大きな格差は
ありませんでした。
大根おろしがちょっと辛かった。
でも,でも,,,
くどいようですが,豚肉は甘い!
とにかく晩餐フィーバーはもう終わったので今日から日常に
戻ります。
夢を見させてもらった3日間でした。
贈っていただいたご夫婦には感謝感謝です。

| | コメント (0)
|

2009/11/10

たまねぎ剣士

ここ数日,玉ねぎを食べすぎたせいかお口がとっても玉ねぎ臭い。
昨夜の生玉ねぎが特に効いたようです。
それにしてもこの数ヶ月低迷していた運気がじわりと回復を始めて
きました。
特に研究は調子に乗っています。
しかし慢性的な家計の経済危機は変わるはずもありません。
能力給じゃないので。
で,日々いろんな贅沢を我慢して,ひもじく生活しているのです。
が,そんな私生活に一寸の光が!
奥様のお母様から誕生日プレゼントをいただいたのであります。
念願のWii!!
とはいえソフトを買う金がないので本体だけですが。

ソフトがなくて何ができるのか?
実はネットからバーチャルコンソールとかいうソフトをダウンロード
できるんです。
昔のファミコンソフトとか。
要はWiiの中にエミュレータが入っているのでしょう。
で,ファミコンソフトだと一本500円でダウンロードできるのです。
というわけで懐かしのFinal Fantasy IIIをダウンロード!
不朽の名作です。ああ,なんと懐かしい!
本体はWiiですが,中身はまんまファミコンソフトです。
全くリメイクとかではなく,そのまんま吸い出した感じ。
4和音ぐらいの音楽とか角々した画像とか,そのまんま!
なのできっとオニオンソードとかも作れるんでしょうね。
しかしやり方を何となくしか覚えていないし,これをやってしまうと
あまりに張り合いがないので,とりあえず正攻法で進めてます。
あまりやり過ぎると奥様がおかんのごとく怒るので,少しずつ。
小学生に戻りつつ,しばらく気晴らしになりそうです。

| | コメント (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »