« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/29

テレビっ子な素振り継続中

クリスマスイブの日に天のお告げがありました。
なんていう自分らしくもない冗談はさておき,先日も書いた
「エアガンダム」を披露した飲み会で,本物のガンダム好き
の方からガンダムのDVDを借りました。
エアガンダムからの卒業を目指して早速そのDVDを鑑賞
したのであります。
ちなみにこれは最近リメイクされた劇場版。
テレビシリーズのダイジェスト版のようなものです。
基本的にオリジナルの絵を使いつつ新しいカットも加えられ,
音声は完全に録り直しのようですね。
だから真のガンダム好きからすれば邪道かもしれません。
というわけでまだまだエアガンダムは卒業できず,継続中。

年の瀬です。
NHKの大河ドラマの枠でやっている「坂の上の雲」にはまって
います。
さすがはNHK,のクオリティーですね。
今年の大河ドラマがあまりにひどい内容だったので余計に
よく見えてしまいます。
来年の大河ドラマもあまり期待できない感じ。
民放の真似ごとなんかせず,頑固だけど時々革新的な
NHK気質を発揮してくれればそれでいいんですけどね。

そんなNHK番組の中でも気に入っていた「ママさんバレーで
つかまえて」が最終回を終えました。
演劇のように,一つの舞台で展開するノンストップコメディです。
見たことのない方にざっくり説明すると,吉本新喜劇みたいな
スタイルです(ちょっとざっくり言い過ぎか?)。
演出もキャストもすごく好きでした。
最終回はなんと生放送。
とてもよかったです。

今年も残りわずかですね。
いつものペースだと今回が今年最後の記事になりそうです。
まあどうせ気まぐれですが。
それではみなさんよいお年を。
なんて言いつつまた書いたりするかも。

| | コメント (1)
|

2009/12/21

テレビっ子な素振り

究極の選択でした。
M-1グランプリか坂の上の雲。
緊急夫婦会議により,「坂の上の雲は土曜の再放送で見れば
いいじゃん」という決議が採択されたのであります。
というわけでM-1を見ました。
すごく好きでいつも密かに応援している笑い飯,一発目のネタは
かなりの仕上がりでした。
でも最終戦でのネタは,審査員の前評判どおり(?)ネタ切れ
というか,一発目を全く超えられない感じでしたね。
鳥人のネタは大好きです。
一番好きだったのはNon Styleの「猿人類」ですが。

まあ見てない人にはさっぱりわからない話です。
ついでながら書きます。
月キュンの最終回見ました。
ええ,ドラマなんて全く見ませんよ。普段は。
でも奥様がテレビっ子なのでなんとなく隣で見てました。
本当になんとなく見てました。月キュン。
忘年会が奇跡的に早く終わったので最終回も見れてしまい
ました。
ドラマなんて興味なかったけど,これは思ったより
面白かったです。
芸能事情に詳しい奥様の話によると巷では不人気らしい
ですね。
まあ巷でおもしろいと言われるとつまらなく感じてしまう
私にはちょうどいいのです。
どうでもいいですけど,髪型だけ小栗旬に似ていると
奥様に言われたことがあります。
髪型だけ,,,って「似てる」って言うのか?
その前は髪型だけ妻夫木聡に似ていると言われました。

| | コメント (0)
|

2009/12/19

エアブーム

先日とある飲み会でたまたまガンダム好きが集まりました。
ちなみに私は一度もまともにガンダムを見たことがありません。
しかし,その飲み会では完璧にガンダムトークについていく
ことができました。
前の研究室の後輩(ガンダム好き)から聞いた話とWikipedia。
それが私の知識の全てです。
その後輩からガンダムの世界観を聞いて興味を持ったのと,
博士論文の執筆中に死ぬほど忙しくて,そうなると他のことを
したくなる悪い癖が現れてしまって,猛烈にネットでガンダムの
勉強をしてしまいました。
実は学位は「博士(ガンダム)」ではないかというぐらい,必死に
勉強してしまったのです。
だからまるで何度も見ているかのように詳しく話せます。
一度も見たことないのに。
エアガンダムと呼んでいます。

エアと言えば,思い浮かぶのはやはりエアギターではないで
しょうか?
先日,別の飲み会で話をしているときに思い出したので,
書き留めておきます。
もう1年近く前になってしまった私の結婚式でのこと。
高校時代の友達にスピーチを頼みました。
かつてのバンド仲間(ドラム担当)です。
確かに式の直前(3週間ぐらい前)に突然電話で強引に頼み
通したのも悪かったかもしれません。
しかもその翌週から私はアメリカに出かけて,式場の担当者の
連絡先だけ教えて音信不通になったのも悪かったかもしれません
(この時期のアメリカ行きについては他にもっと深刻な問題を
生じましたが。。。)。
でもまあ,何か余興をやれというのではなく,ただのスピーチ
なんだから大丈夫だろ,と当日までほったらかしにしていました。

で,当日。友人スピーチの時間。
なぜか仮装した4人(含・オバマ大統領)が入場してきました。
全員バンド仲間です。
その時初めて猛烈な不安に襲われたのですが,時すでに遅し。
オバマ達が淡々とドラムやギターのセッティングを始めたのです。
あっ,もちろん全部「エア」ですが。
そして「大丈夫,やったことある曲だから」とエアギターを渡され
音楽が流れ始めました。
「いや,こいつに頼んだのはスピーチのはずだ」と困惑して
いましたが,式場の係の人にそっとイスを引かれてしまって,
もはややらざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。
混乱していて,ウケていたのかスベッていたのかも覚えて
いませんが,とりあえずやり終えました。
人生初のエアギターでした。

内容については非常に反省しています。
エアギターというのは,変に本物のギターの経験がない方が
最初はきっとうまくできます。
ギターが弾けると,「エア」なのについつい真面目に弾こうとして
しまいます。特に,弾いたことある曲だと。
必然的に動きが地味になる。
エアギターでは,その動作が現実的であるかどうかなんて
どうでもいいんですよね。
だからもっと腕振り回したり背中で弾いたりすればよかったと
自分のエアギターにダメ出ししてしまいました。
同様に,先日某女子大で「ムーンウォーク」のフリに機敏に
対応できなかったことを反省しています。
別に芸人を目指しているわけではないのですが。

| | コメント (0)
|

2009/12/15

新旧政令指定都市の集い

最近勉強のために参加している,研究室を越えた若手の勉強会が
あります。
昨日はその集まりの忘年会でした。
とても小さな集まりで,全部で7人でしたが,そのうち3人がなんと
岡山県民でした。
ちなみに岡山市は最近政令指定都市になってしまいました。
もちろん他の平成生まれの政令指定都市と同様に,合併を重ねて
無理やり作り出した政令指定都市ですけど。
区は4つしかありませんけど。
さらに言うと私は倉敷市民なのでなおさら関心が薄いのです。
その岡山県民のうちの一人が岡山市民で,倉敷を見下したような
発言をするので言い争っていたら,さらにマイナーな金光町民が
「岡山同士で争うのはやめようよ」と仲裁に入ってくれました。

でもその岡山市民の方の次なる矛先はあろうことか札幌市民に
向けられてしまいました。
いや,さすがに昭和生まれの政令指定都市にはかなわんだろ。
昔ながらの政令指定都市の都会度は本物です。
札幌市民の感覚というのも新鮮でおもしろい。
札幌市民は,札幌の隣の大都市は東京だと思っているそうです。
「有名な『仙台飛ばし』ですね」と憤慨する仙台市民。
昭和の政令指定都市の新たな争い勃発に,薄れゆく岡山県民。
「今ここにいる半分は岡山県民だ」と,ここにきてついに結束し
強引な数の論理で再び参戦です。
もはや何を主張したいのかわからない岡山県民。
それにしても最後まで静かな残りの二人。
はい,大阪府民と神奈川県民です。
なんかもう余裕というか,どんぐりの背比べをのんびり眺めて
いるのでしょうか。
しかし県民性の話とか血液型の話はなんでいつも盛り上がるの
でしょう。
たいていいつも同じ話の繰り返しになるのに,不思議です。
苫小牧では野良犬は絶滅したそうです。伝説です。

| | コメント (0)
|

2009/12/14

あほみたいに忍者リスペクト

ついに暗闇の雲を倒しました。
もちろんファイナルファンタジーIIIの話。
あっ,つまり「クリアした」という意味です。
たまねぎ剣士たちも立派になって,最終的には「忍者」と
「賢者」の最強編成で攻略しました。
懐かしい!小学校時代を思い出します。
それにしても最強の称号が「忍者」って一体。。。
しかも最後の方の敵キャラは忍者系が目立ちます。
改めてやってみると,このゲームの開発者の並々ならぬ
「忍者」への思い入れが伝わってきます。
以上,ゲームは当然3Dで動くものだと思っている世代には
ついていけない話でした。
「2コン」の「マイク」機能よ永遠に!

先週末は東京出張で,ついでにあちこち訪問していろんな
方々と再会を果たしてきました。
本当の目的は学会参加ですが。
初めて参加する学会でしたが,うわさに聞いていた通り,
あほみたいに大きな学会でした。
先日,うちの美人秘書の方に「やっぱり『西』の人だね」と
指摘されてしまいましたが,この「あほみたいに」というのは
「very」の意味で副詞的に使われる語句です。
頭が悪いという意味ではありません。
たぶん関西とその周辺の言葉です。
無意識のうちに使っていたので東京にいたころも連発して
いたのでしょうが,指摘されたのは初めてでした。
いつもどおりだらだらと書いていますが,どうにも落とし所が
見つからないのでこのあたりで失礼します。

| | コメント (0)
|

2009/12/07

逃避訓練

あっ,間違えました,避難訓練です。
現実からの逃避なら訓練などせずともいつも完璧にできていますね。
先週末,研究所の避難訓練がありました。
小学生の時にやった,あれです。
地震が起きて火事が発生したという設定で一斉に外に避難です。
ふだん研究所にいる人たちはヘルメットを支給されているのですが,
たいてい机の棚の隅の方に放置されています。
でも避難訓練のときばかりはこのヘルメットが大活躍!
みんなこのヘルメットを着用して避難することになっています。
私にとってはここでの初めての避難訓練。
ヘルメットデビューです。
ということでそわそわしていました。
ちなみに避難放送が始まる前からヘルメットをかぶって廊下をうろうろ
している人や,マスクとヘルメットを着用して完全にただの怪しい人に
なってしまっている人を目撃しました。
テンションが上がってそわそわしているのは私だけではないようです。

そんな雰囲気で始まった避難訓練ですが,もちろんみんな落ち着き
払って,というか全く緊張感もなくだらだら移動していました。
年によっては消防車が来てはしご車に乗れることもあるそうですが,
今回はそういう派手なイベントはなく,ただの,「ヘルメットをかぶった
人たちがわらわらと駐車場に集結する異様な集会」になりました。
ものすごく異様でした。いや本当に。
そして気づいたのですが,階級によってヘルメットのデザインが微妙に
違うのです。
そういうことがあると,他人とは違うヘルメットをどうしてもかぶりたく
なってしまう性格です。
来年はダースベーダーのヘルメットをかぶりたいです。
生命維持装置もついているし,安全でしょ?

外にみんなが集まったら「校長先生のお話」的なのがあって,もちろん
ほとんどの人は聞いちゃいません。
「ヘルメットの似合う人コンテストが開催されたら俺が優勝だ」とかいう
無駄話をしている人たち。
ちなみにちょっとかっこいいヘルメットのボスは,どうしてもトイレが
我慢できない,と子供みたいなことを言い出して,いまや燃え盛る火の
海と化している(という設定の)建物内に果敢にも飛び込んでいった
のでありました。緊張感ないなあ。
どうせなら春の暖かい日に実施してほしい,そんな避難訓練でした。
最後にポスドク番長(忍者)の雄姿をご覧あれ。
(※忍者業務に支障をきたすため顔の公開はNGだそうです。)
Nec_0455

| | コメント (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »