« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/29

サンタがラボにやってきた

クリスマスにうかれるキャラではありませんが,去年に引き続き
今年もいいことがありました。
とりあえずこの先しばらくの見通しがたったので政権批判は
今回はやめておこう。
心穏やかに年を越せるのだから。
首の皮がつながったということよりも,ようやく認められたという
喜びの方が強い。
一応「優秀な」若手研究者の仲間に入れてもらえたわけだから
後はひたすらいい研究をすることに専念したいと思います。

今年のM1を見ていて,芸人と研究者は似ている,と思いました。
M1が若手芸人のステップアップに重要な役割を担うようになって
いたのは間違いない。
M1がなくなるとステップアップの機会が大幅に減り,若手芸人
にとってはより厳しい状況になるでしょう。
このM1と若手研究者向けの大型助成金とが重なって見える。
いずれも多かれ少なかれ審査に疑問はありますが,実力が
あればそこそこのランクに食い込むことはできるはず。
必ずしも一番になることが重要ではなくて,あくまでそこでの
評価をステップアップにつなげることが大切なのです。
少し抽象的で伝わりにくいでしょうが,ともかく芸人にちょっぴり
シンパシーを感じる今日この頃。
それにしてもジャルジャルが漫才と認められずスリムクラブが
認められるのは不公平だ。

| | コメント (0)
|

2010/12/16

明け方に思いついた不満

おまえはいつも批判ばかりしている。
と,よく批判されます。
なるべくならやめたいのですがついつい口が滑るのです。
なにしろ世の中には不満なことが多すぎる。
近頃カメラメーカーが力を入れている,いわゆるミラーレス一眼。
いやいや,それってただのデジカメじゃん。
要するにレンズ交換式のデジカメ。
ミラーはないし,ファインダーもない。
これは一眼レフではありません。
「一眼レフ」って「レンズ交換式」って意味じゃありません。
しかも複数メーカーが強調する「ぼかし調節機能」。
要するに絞りの大きさを変えてるだけでしょ。
写真好きとしては,こういう売り方は残念でなりません。
新しいカメラand/orレンズがほしい。
とてもそんな余裕はない。
夜明け近くまで実験しているとだんだん支離滅裂になってきた。
今は待ち時間。
どうにか夜が明ける前に帰れそうです。
奥様がこしらえてくれたおにぎりでどうにか血糖値と精神状態を
保っています。
生き物相手に仕事をするのは大変です。

| | コメント (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »