« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/27

フラフラのすすめ

先日,益川敏英博士と対談する機会がありました。
言わずと知れたノーベル賞受賞の物理学者です。
対談,と言ってもほとんど一方的に話を聞くだけというほど,よく
しゃべるお方でした。テレビで見たまんま。
とてもポジティブな考えの持ち主であるという印象で,ご本人も
「あまり悩まない」という風なことを仰っていました。
いや,きっとそんなことはないと思うのです。
というか正確には「失敗を失敗だと思わない」というような趣旨の
発言だったと思います。
要は問題に直面して困難な状況に陥ってもそれをポジティブに
捉えて乗り切ってこられたのでしょう。
「逆境を楽しむ余裕を持つ」というのが私のモットーですが,
まさに憧れというか,こんな風にひょうひょうと生きながら研究を
続けていきたい,と改めて思うのでありました。

| | コメント (0)
|

2011/01/08

ギャングたちの年始

長めの冬休みをゆったり過ごしました。
奥様の実家では近所に住んでいる3歳と1歳の姪っ子と甥っ子の
相手をすることが多い。
なぜかちびっ子ギャングになつかれてしまっている「いつも遊んで
くれるおじさん」は大変です。

ラーメン屋さんごっこ。
注文されるのはオムライスとかアイスクリームとか。
お会計後は「ポイントカードください」っていろんなこと知ってますね。
延々と続くので疲れて「ラーメン屋さんはつぶれました」と逃げると
急に大工さんになったギャングが「トントントン(トンカチの音),
直ったよ!」って。
つぶれたってそういう意味では。。。

テレビで某缶コーヒーのCMが流れたとき。
姪っ子に「すっきりや!」と言ってみると「王道や!」と返ってくる。
おもしろがって何度も「すっきりや!」と言うとその都度ちゃんと
「王道や!」と返ってくる。
おもしろかったので数日後また「すっきりや!」と言ってみると,,,
「何それ?」みたいな顔をされました。
今年一番悲しかったこと。

ギャングの中でも厄介なのが甥っ子。
まだまともにしゃべれませんが悪戯については天才的です。
そして最近うちの息子も素行が悪い。
きっと甥っ子に何か吹き込まれたに違いない。
「こうやって大人たちを困らせるんだぜ(赤ちゃん語)」みたいな。
先ほど息子のおむつを交換しているときにやられました。
まき散らかしやがったのです。大を。
自分も床のマットもアレまみれ。
大惨事です。
そんな状況で憎らしいことに声を出してゲラゲラ笑う息子。
こんなに声を出して笑うのはまだ週に一度ぐらいです。
その週に一度をこのタイミングで??
先が思いやられますが元気なのはいいことです。
正月にギャングたちにもまれて息子も成長した気がします。

| | コメント (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »