« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011/05/26

シュークリーム始めました

昨日息子が九か月になりましたが,その直前に初めて発熱しました。
大したことではないとはわかりつつもなかなか不安になるものです。
突発性発疹かとも思いましたがどうやら風邪っぽいです。
こんなに心配するのも初めのうちだけなんでしょうね。
そういえば妊娠して退職した研究室の秘書さんにお子さんが生まれ
ました。
本当に少子化なのか近頃疑っていますが,出産ラッシュなのは
地方に住んでる知り合いばかりで,首都圏在住の知り合いに
限ると確かにおめでたい話はほとんど聞きません。
なんとなく日本の社会現象を反映しているのだろうか。

週末,気まぐれにシュークリームを作ってみました。
きれいに膨らませるのは難しいと聞きますが,やはり初めてで
いきなりうまくはいかないものです。
研究室の技術員さん(時々ケーキを作って持ってきてくれる)に
「作ったならちゃんと研究室に持って来い」と怒られました。
いやいや,まだとてもお出しできる代物ではございませんので。
微妙なさじ加減って難しいですよね。
つくづく料理も実験も似たようなもんだと思うのです。
新しく始めた実験がなかなかうまくいかない今日この頃。
それにしても大量にできてしまったカスタードクリームは処理
し切る前にダメになりそうです。
Dsc_0061_2 Dsc_0060_2

| | コメント (0)
|

2011/05/13

GWの戦利品

GWは岡山の実家に帰っていました。
奥様と息子は一足早く新幹線で帰っていて,私はそんなに長いこと
休んではいられないので帰省ラッシュがUターンラッシュに変わる
頃を狙って車で帰りました。
休日には避けて通れない四日市と宝塚の大渋滞。
新名神の開通に期待ですが主要区間の完成予定が平成30年って,
そんなに長くこの地に留まるつもりはありません。
とりあえず渋滞予測とにらめっこしながら出発日と時間を調整して,
その効果もあって比較的穏やかなドライブになりました。
休日1000円がなくなりそうなので少しは走りやすくなるでしょうか。

大半はうちの実家でだらだらと過ごしていたのですが,両親が
唐突に「ビデオカメラはいらないのか?」としつこく聞いてきました。
むしろ「なんで持ってないんだ?」ぐらいの勢いで。
もちろん息子の映像を撮るためなんですが。
奥様はほしがっていたのですが,最近のデジカメはけっこう高画質で
動画も撮れるし,無理してビデオカメラを買うほどでもないかという
結論に達していたのです。
そんなことは知らないはずですが,どうやら両親はビデオカメラを
プレゼントしたいらしく,それならこちらも拒む理由はないので早速
電器屋に行ってお買い上げ。
わざわざ詮索することでもないので理由は聞きませんでしたが,
たぶん
(1)孫の映像をちょいちょい送れ,という暗示。
(2)こどもの日だから。
といったところでしょう。
ちょっと前にブルーレイプレイヤーをあげた(というか不用になった
ので押し付けた)のでブルーレイに焼いて送ってあげよう。

もう一つの戦利品。
というかこちらが本命。
ニコンの一眼,D90。
父親が買って全然使ってなかったカメラです。
なんで買ったのか不思議なぐらい,全然使ってなかった。
使わないならもらえないかと思って,半年ぐらい前からちょいちょい
アピールしていたのが功を奏して,ついに譲り受けたのです。
愛用の初代キスデジはもう10年前のモデルですからね,性能的に
かなり古いのですよ。
それでも壊れているわけではないので使い続けていましたが,
EOS 60Dの発売を受けて,いよいよ買い替えを検討してました。
でも安い買い物ではないので貯金を始めようとしていたところ。
今までキャノンでレンズやアクセサリをそろえているのでニコンに
乗り換えるのは簡単ではないのですが,完全に乗り換えるのでは
なく適当に使い分けようかと思っています。
古いとはいえキスデジも十分使えてますからね。
夏に友人の結婚式があるので外部ストロボを買い足して息子を
相手に使い慣れておこうかと思います。

| | コメント (0)
|

2011/05/10

ピーと鳴ったら車の電池切れ

愛車(奥様の所有物ですが)のカギの電池が切れてしまいました。
最近流行りのスマートエントリーとかいうやつで,カギはかばんとか
ポケットに入れっぱなしで乗り降りできます。
ドアに触れるとロック解除できて,乗った後はハンドルの横にある
ボタンを押せばエンジンスタート。
想像以上に便利な機能で気に入ってます。

最近エンジンを止めたときに何やらピーっと音がするなと思って
いたのです。
奥様(別のカギを所有)と一緒に乗っている間は「ピー」の音が
しません。
そのまま数日が過ぎ,音のことは忘れていました。
そして一人で車に乗ろうとしたときにカギが開かない。
ということでようやく電池切れに気づきました。
電池切れそうってわざわざ教えてくれてたのだね。ヴィッツさん。
奥様が隣にいるとそちらのカギを認識するので人知れず私の
カギは電池切れになってしまったようです。

以前電池切れのときはディーラーで交換してもらいました。
500円ぐらいかかりました。
たかだかボタン電池一個でそんなに!と思った記憶があまりに
鮮明だったので自分で買って交換することにしました。
よく小さなリモコンとかに入っている電池より径が小さいような
気がしていたのですが,案の定,スーパーの電池コーナーには
ありませんでした。

ちょろっと調べているうちに妙にボタン電池に詳しくなってしまった。
CR1632。
CR→リチウム電池,16→直径16mm,32→厚み3.2mmの意。
他の型番の電池も同じように解読すればいいらしい。
たいして役には立たない情報ですが。
よく見かける奴は直径20mmなので確かにこいつはちょっと小さい。
そしてけっこうマニアック。
大手家電量販店に行っても置いてない。
店員に聞いたらそんなマニアックな電池はお取り寄せだそうな。
買い置きしておこうと思って3個注文しました。
しかしそんな手間をよくよく考えると素直に倍の金額をを払って
ディーラーで交換すればいいような気も。。。
まあ何というか,意地です。
数百円という微妙な金額とはいえ,ぼったくり感が嫌なのです。
車という大きな買い物をして点検とかでもちょいちょい足運んでる
んだからそのぐらいタダにしてくれればいいのに。
というかそもそもそんなマニアックな電池を使うな。

せっかく洗車しても翌朝には黄砂にまみれてしまうヴィッツさん。
頻繁に何百kmも長旅するというコンパクトらしからぬ走りで,もう
地球一周以上してますが,大した問題もなく順調に走り続けて
くれてます。
さすがは日本が誇る技術力。
素晴らしい。
電池の問題を除けば。

| | コメント (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »